新着本
おすすめ本

身につく本の読み方

近年では、「速読」というスキルが重視されるようにもなったことから、本の内容よりもスピード重視で本と向き合っている方も少なくありません。「限られた時間で一冊でも多くの本を読みたい」と思う方が多いと思いますが、ただ読むことを目的とするのではなく、内容をしっかりとインプットすることが重要なのではないでしょうか。読み方を少し工夫するだけで内容を身につけるスピードが速くなるかもしれません。参考にしてみてください。

「本を読んだ」とはどんな状態?

どんなに早いスピードで読んだとしても、一度本を読んだだけでは記憶することはほとんどありません。
読むことが目的ではなく、本から知識を学ぶことを目的としている場合、「本を読んだ=理解している、記憶している」ということが重要です。人間は忘れてしまう生き物ですから何度も繰り返すことで身につけていくことができます。
小説やエッセイなら一度読んで娯楽として楽しむだけでも良いと思いますが、資格やビジネス系の本であれば早く習得したいところ。では、実際に身につけるためのコツはなんでしょうか?

読んだ本を身につけるコツ

身につけるようにするコツは、本の内容を「話せる」ということです。たとえ全て読みきっていなくても誰かに話すことで自分のモノになっていきます。どんなに小さなことでも解っていることを誰かに話すことで、まだ覚えていない点、良くわかっていない点に気づいていきます。たくさんの内容を一気に習得しようとするのではなく、「読んだら話す、話したら読む」を繰り返すことでインプットし理解できるようになります。

目次に注目

本を購入するときには目次を見て決めるという方もいらっしゃるほど、目次は本の中でとても重要なポイントです。本を読んだら、タイトルや小見出し部分を読み返すことで内容を思い出す、再確認するクセを付けることで自分のモノにしていくことができるのでおすすめの方法です。速さを目的にするのではなく、理解度を目的として読書で身につけていくことも大切ですね。

愛知県名古屋市を中心に古本の出張買取をおこなっている「あとり文庫」ではさまざまなジャンルの古本の買取・販売をおこなっています。
実用的な料理本やファッション、刺繍・手芸などの趣味、衣食住に関する本をお探しの方、手放すことをお考えの方はご利用ください。出張買取以外にも、宅配買取、持込買取にも対応しています。
お近くの方も遠方の方もお気軽にお問い合わせください。


買取致します
あとり文庫雑記帖
ヘ
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら